MENU

派遣薬剤師って気楽でオススメですよ!

 

はじめまして、ゆいです。
簡単に自己紹介から・・。

 

薬剤師派遣 神戸

出身は神戸須磨区です。
須磨水族園のすぐ近所で暮らしてます。磯馴町ってとこで生まれ育って、ほんとに須磨水族園に近所で子供の頃よく親に連れて行ってもらったことをよく思い出します。当時は須磨水族館って名前だったんですよ。

 

高校卒業して学生時代は京都で一人暮らしをしたのですが、そのあとは大阪に引っ越し、その後、実家に戻って神戸で暮らしてます。

 

高校は星陵高校で京薬(京都薬科大学)出身です。就職活動はあまり深く考えず、
「薬局実習の時に別店舗でお世話になったから」という理由だけで、新卒で大阪市内のとある民医連系の調剤薬局に就職。中規模程度の総合病院(もちろん民医連系病院です)の門前薬局でした。

 

 

派遣薬剤師になろうと思ったきっかけ

薬剤師派遣 神戸

門前薬局で約5年程その薬局に勤務していましたが、ガチガチの年功序列型の給与体系。また他業種との「勉強会」と称して休日の日曜日や平日の勤務終了後に個人の思想、宗教観の問題にまで踏み込む勉強会。そしてそれに出勤手当が付く事も無い状態がまかり通る状態に疑問を感じる様になったんです。

 

地域の健康に貢献するイベントなどを手伝う事には疑問も無かったのですが、民医連系の医療機関の独特な雰囲気そのものにも嫌気がさしてしまい、ある日突然ふとしたきっかけで、「あ、もうだめだ。こんな場所に居るだけで自分が駄目になる」と退職を決意。

 

それ以降は1か月ほど当時の職場に「面従腹背」を自身に言い聞かせながら、政治信念や宗教に関係なく(と言うよりもそう言ったイベントに駆り出されない職場)勤務できる場所を探し、web上にて派遣薬剤師という働き方を知りました。

 

最初は派遣!?なんだか不安定そうな雇用形態だけど大丈夫なのかな・・・と不安もよぎったのですが「まあ最悪、薬免があればこの先どうにでもなるか!?」と開き直りました。

 

ちょうどその頃、実家の祖母の介護問題があり(私はすごくおばあちゃん子だったんです)、退職して須磨の実家に帰ることにしました。

 

それで、前の会社の失敗(トラウマ)と祖母の介護のこともあり、派遣薬剤師になろうと、業界大手のファルマスタッフさんに登録しました。正直に言うと、どこでもよかったのですが、私でも知ってる有名な会社なので安心かな・・と。

 

私が実際に登録した薬剤師派遣サイト

ネットで登録したんですが、送信して1時間くらいでスマホに連絡きたので驚きました。

 

担当者のMさんが「とりあえず、ご希望を伺いたいので一度面談しましょう!ご都合の良い日に三宮の営業所までお越し下さい」ということで、その翌日に三宮にある営業所に伺うことになりました。

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

私がお世話になったファルマスタッフです。

 

薬剤師ならご存知でしょうが、日本調剤グループの会社で業界大手の会社です。求人数が多く、特に調剤薬局の求人が多いと思います。

 

初めての転職で不安といった転職者には担当者が面接に同席して下さります。私も担当のMさんに同席してもらいました。担当のMさんは本当に親切で、実際に転職してからも『困った事はないですか?』とフォローして下さり、本当に心強かったです。

 

 

>>ファルマスタッフの公式サイトはコチラ

 

 

 

【ファルマスタッフ神戸営業所】

 

住所: 兵庫県神戸市中央区加納町4-4-17 ニッセイ三宮ビル7F
TEL: 0120-36-8931

 

アクセス方法:
JR「三ノ宮駅」中央口・阪急「三宮駅」東口より徒歩1分
地下鉄「三宮駅」より徒歩1分、阪神「三ノ宮駅」より徒歩2分

 

※JR「三ノ宮駅」を北側に出てフラワーロード沿いの西側にある、1階に東京スター銀行の入っているビルの7階
※阪急「三宮駅」東口より北へ進み、フラワーロード沿い西側にある、1階に東京スター銀行の入っているビルの7階
※地下鉄「三宮駅」東1番出口の目の前にある、1階に東京スター銀行の入っているビルの7階
※阪神「三宮駅」を出て地下鉄方面に進み、東1番出口の目の前にある、1階に東京スター銀行の入っているビルの7階

 

 

 

 

 

派遣サイトに登録してからの流れ

面談当日は、軽いパンツスーツで伺うことにしました。(服装は何でもいいと思います)
JR須磨海浜公園駅から三宮に出たのですが、面接の時間が14時だったのですが、到着したのが12時半(早っ!)

 

とりあえず、営業所の場所を確認だけして(場所はJR三宮と阪急三ノ宮を渡る横断歩道の大通りを少し北に上がったとこです。角にマクドがあるビルの2つくらい北側のビル。鏡張みたいな高いビルの7階です。すぐにわかりますよ)

 

道向かいのドトールでランチしながら時間をつぶしてました。ドトールのミラノサンドって美味しいですよね〜♪

 

で、だいたい10分くらい前に営業所に到着。
すごく立派なビルで、中もテレビのドラマで見るような雰囲気で「あ〜、普通のOLさんってこんなところで仕事するんだわ〜♪」と感心した覚えがあります。

 

それで担当のMさんと簡単にご挨拶を済ませて、さっそくこちらの希望を聞いていただきました。

 

私の希望としては、

  • 勤務に関係ない政治・思想信条の強要がなく、行事への強制参加のない職場(当たり前だよ!!)
  • 祖母の介護のこともあったので、まず容体が急変することはないと思うが、急なお休みが気兼ねなく取得できる職場
  • できれば個人開業医の門前でなく、勉強になる総合科目のある病院の門前薬局

 

こんな感じで伝えました。

 

薬剤師派遣 神戸

あ、そうそう、当日は薬剤師免許証と保険薬剤師登録を持参。面談中にコピーされていました。まあ、流れ的にはこんな感じでした。(たぶん)

 

で、Mさんから「今、だいたいこんな感じの派遣先があって、1か月〜2か月以内に空きがでそうなところ」という感じで5件くらい紹介して頂きました。

 

その中で2週間後に前任者の派遣が終了する、ポートアイランドにある某調剤薬局チェーンにお世話になることになりました。(具体的に書くと、すぐに身バレするのでこれくらいに・・)

 

確か、勤務する1週間くらい前にMさんと一緒にポーアイの薬局にご挨拶に行きました。
そこの管理薬剤師の方とマネージャーの方、Mさん、私の4人で少し打ち合わせをして、だいたいの業務の流れなんかを詰めました。その際、白衣とナースシューズのサイズをお伝えしました。

 

綜合実際の勤務前に管薬さんにお願いして、薬局で採用になっている薬のリストを見せて頂きました。
性格的に勤務する薬局で知らない薬があると嫌なので、リストをもらって基本的な薬効は派遣前にすべて「今日の治療薬」でさらっと薬効だけ頭に入れていきました。

 

まあ、派遣勤務前はこんな流れで進んで行きます。

 

 

実際に仕事をしてみて

薬剤師派遣 神戸

実際に派遣薬剤師として勤務してからですが、特に通常の薬局と変わらないですね。赴任当日の朝礼で、自己紹介して、そのまま業務開始。最初の1〜2週間くらいは、剤集めと予製作成中心。そのあと水剤、散剤、って感じで慣れて行って、投薬、最後に監査みたいな感じですね。

 

機器類はさすがに大きな病院の前ですので、かなり進んでいました。散薬監査システムとかはちょっと混乱することもありましたが、まあ、基本は同じなのですぐに慣れました。

 

今までも派遣薬剤師は1名〜2名常時受け入れてきたみたいなので、扱いや教育にも慣れてますし、社員もいれば、パートもいる。薬学部生の実習も受け入れているという感じのマンモス薬局なので、割とうまく職場に馴染めた感じです。

 

出身大学も関西の私立大学薬学部が中心って感じです。
歓迎会みたいなものはなかったですけど、私はそういうのが苦手なので別にOKでした。先述しましたが、私は強制的に何かに参加させられたりするのがすごく億劫になっているので・・。

 

正直、正社員で働いてる方は会社の方針(目標とか研修)がうるさい会社みたいなんですが、派遣の立場の私はすごく気楽です。
就業時間に黙々と仕事をこなして、時間がきたらサクッと退勤。気分転換できるので、すごく精神衛生上もいいもんですよ。人間関係のストレスも今はありません。

 

薬剤師派遣 神戸

たまたま同じ職場に垂水に住んでる薬剤師の子がいて、シフトが合えば帰りに三ノ宮でお茶やご飯して帰るって感じです。

 

予想外だったのは、何せ朝のポートライナーの混み方が尋常じゃないことですね。元々、車両が小さい上に神戸学院の学生さんとかでギュウギュウに混雑してます。あれでグッタリしますね。

 

まあ、そんな感じで、派遣薬剤師もいい感じで楽しいですよ。もし、今の職場で不満がある方、派遣薬剤師をやってみたい方がいたら、オススメします。では!